精神科受診

胃の逆流性食道炎からの
機能性ディスペプシアの治療で
8月から精神科に通っている、わたし。

精神科の先生いわく
器質的に悪くない胃が痛いなら
精神科受診は理に適っているらしい。
胃はメンタルの影響を受けやすい臓器だからね


わたしのハートは
根幹的なところで修復不能な穴ボコが空いているから
些細な人生のイベントでもいろんな症状が起きる、、らしい。

4年前の蕁麻疹もそうだったよな
精神的な問題といわれたっけ

筋筋膜性疼痛症候群もそうだった

今回の機能性ディスペプシアもそう


いろんなことを包み隠さず話せる精神科という所はなかなか居心地がよいな


心療内科よりいいかも、という訳でマグロ大学の心療内科は卒業。


あ、卒業といえば

歯医者は虫歯治療卒業
着色を取る手入れをしてもらいに、
あと一回行けば卒業

皮膚科も蕁麻疹、湿疹は卒業してるし
たまに思い出したように出るのはメンタルじゃないらしい

巻爪は定期的にワイヤー治療しよう、ということになりました

腕のリハビリは秋までの予定
あとは“ヨガ”かジムに通います

リンパ浮腫外来は定期的な計測やアドバイスが欲しいからずっと通うつもり

トリガーポイント注射と
鍼灸はメンテナンスだから続ける

出来れば消化器内科は夏くらいには卒業したい

会社は

会社は

会社は本当はもう卒業したい気持ちと
まだ居たいのと半々




ところで全然違う話なんだけど

こんなのご存知でしたか?




これだと、コップに注ぐ時に「どっぷん」てならない(・・;)

60年以上生きてきて初めて知ったわ。

散々「どっぷん」してきたの。

筋筋膜性疼痛症候群 診断基準

お問い合わせを頂いたので

加茂整形外科の加茂先生のブログ記事を
リンクしておきます。

参考になるとおもいます。


わたしは大基準、小基準全てあてはまりました。


加茂先生のブログ




リンク見れない方に。引用転載


筋筋膜性疼痛症候群の診断基準(Simons,1990)

●大基準

局所的な疼痛の訴え

筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感

触れやすい筋肉での索状硬結の触知

索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在

測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準

圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する

圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応

筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する

診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用


長い物語の後で

はあ~、書いたわね、記事。

久々に色々思い出しました。

あの頃一緒に入院していた方たちとは
いまだに良きお友達
やはり数ヶ月にわたり同じ釜の飯を食っただけはあります。

加茂先生んとこでは遊びに遊んだんですが
差し障りが(笑)あるから書けない

まあ、いつか時効になれば書こうかな


筋筋膜、線維筋痛症のみなさま
また折をみて書いて行こうかと思いますので、よろしくお願いします。

難しい病です。
周りの理解もなかなか得られないでしょう

みなと同じことが、普通のことが出来ず
泣く日もあります。
しかし、これまたなんとかなります。

絶望しないで
今日一日が過ごせた自分を褒めましょう
出来れば声に出して。

「今日はベッドに5時間しかいなかったよ」
「今日は電話を一本架けられたよ」
「今日は泣かなかったね」
「今日は味噌汁は作ったぞ」
「今日は笑ったね」

*********************************

さあて、水曜から北海道出張

北海道は生まれて初めていきます。
マイナス5℃だって、、想像つかんな。

仕事なんで観光一切なし(泣)
時間がないんだよね

行き先である支店も観光地からはずいぶん遠いし「ついで」が出来ない
なので北海道の「コンビニ」か「スーパー」にでも行こうかと思っちょります。

で、さ

今回会社からも「なるべく安く行ってね」
とのことで調べていたらびっくりすることが

ピーチ

飛行機の話ね、LCC

大阪→新千歳 一番安いのだといくらだと思いますか?

答えは一番下に書いときます。
(時期、時間による最安値)




ちゃんと自炊しとります。
なんか楽しくなってきました。

ボイルドポーク、つまり煮豚















最安値 2,490円!!

なんば→梅田間、タクシー乗っても
もっとするぜよ

企業努力だね~

ANA.JALだと20,000円くらいかな





⑩筋筋膜性疼痛症候群 治療

加茂での治療は

〈トリガーポイントブロック注射〉
 加茂では注射を打つ場所は
 5~70、80ヶ所近くにもなります。
 (上下半身共とかなら多い)

 トリガーポイントブロックは
 ネオビタカインなどの局所麻酔薬を
 ほんの少量筋肉に打ちます。

※麻酔薬は、痛みを和らげるためではなく

 硬くなっている筋肉を一時的に緩め
 血流を促進、その場所に溜まっている
 発痛物質(ブラジキニン等)を自分の
 力で流し去るためです。

 これを繰り返すことで
 だんだんと発痛物質がたまらない身体
 にしていきます。

 そうこうしているうちに、
 筋肉は柔軟性を取り戻します。

 なのである程度は継続して繰り返しの
 治療が必要です。

 回数は
 一回で治る方、数年かかる方、色々

 やってみないと分かりません。

※数年前から筋肉にとどまらず
「筋膜リリース」というのも取り入れる
 病院もでています。
 これについてはよくわかりません。

 加茂整形では毎日トリガーうてますが
 大阪や神戸は週に一回
 たいてい数カ所でおしまい

 わたしは今も定期的なメンテナンスに
 ある診療所に月に2回程通っています。

 ペインクリニックは
 月に10回などというのもあります。

 ※数が少ないとどこに打つかが重要に
  なるので外れた場所に打たれたら
  つまり知識がない医師にかかると
  あんまり、いや、全く効かない(笑)

〈服薬〉

鎮痛剤は、軽いのならカロナールから
医療用麻薬まで色々、オピオイドやモルヒネまで

抗うつ剤もその方との相性

これは本当に相性が大事で加茂先生は
患者の顔見て話を聞いて、だいたいどの
抗うつ剤が効くか決めていらっしゃるようです。
わたしの知る限りでも5種類以上は
使い分けていらっしゃるんじゃないかな

※加茂先生は心療内科医でもあります。


〈環境、生活〉
 
 加茂整形にはリハビリの先生がいらして
 かなり痛~い&気持ちいいマッサージを
 受けることが出来ますが、
 リハビリの先生は手技だけでなく話でも
 癒やしてくれます。

 話を聞く、話をしてくれる、、、
 診察室では話が出来ない方もこちらで。


加茂整形の周囲は「基本、畑(笑)」
自然の中で散歩したり瞑想したり

入院生活は加茂先生の方針でまあまあ自由です。(常識の範囲ですよ)


だって患者の多くは
「やらねば、あらねば病」にかかっていますから止めたってやります(笑)

わたしもご他聞に漏れず
「やらなければ」タイプだったので
先生からは
「わたしが頑張るからあなたは頑張らなくていいじゃない」と言われました。


ただ、お任せだけで勉強もしないで
「さあ治せ」タイプもあんまり良くない

繰り返しちゃうタイプだわね


心については、ゆっくりして
自分の考え方の癖を知ることでしょうかね

あとは
身体を動かし心を休めましょう←これが一番難しい


うひょ! こないだの会社女子会(笑)にて
チーズフォンデュ



⑨筋筋膜性疼痛症候群 石川暮らし 卒業 サンダーバードに乗る

退院の朝

みんなが玄関まで出てきて見送ってくれた

わたしはヒールのブーツを履き卒業した


駅まで車で5分
サンダーバードとJRとバスに乗り継ぎ
家まで3時間半

旦那が大阪駅まで迎えにきた



人、人、人、歩く、曲る、上がる、下がる
座る、歩く

ああ、出来る、出来るよ、先生、出来たよ




家について痛む足腰にビビりながら
大丈夫、大丈夫とつぶやいて寝た

明日からは加茂先生がいないんだと思うと
情けないくらい怖かった



〈症状について〉

筋筋膜性疼痛症候群と線維筋痛症は
良く似ています。(病名長いから、筋筋膜に略)

わたしの脚にいっぱいあったコブは
「筋硬結」というものです。

筋筋膜では出ますが
線維筋痛症ではあまりでない

目眩、吐き気、胃腸障害、血圧異常、関節の不具合、自律神経系の不具合、ホルモン分泌異常、慢性疲労症候群、胃腸障害などは線維筋痛症に合併しやすい

うつ病はどちらも合併しやすい

指で押すと痛い「圧痛点」の数で
線維筋痛症と筋筋膜は分かれる

などなど違いはあれど基本的に
身体が不自由になり痛みで日常生活ができなくなります。


わたしのはこれでまだ「中程度」です。


筋筋膜で「寝たきり」の方にもお会いしました。

這ってお風呂に入っていたそうです。


線維筋痛症、筋筋膜が直接の原因で亡くなることはありませんが

自死はあります。

わたしの入院仲間は3人亡くなりました。
就労まで回復できない方は多いです。


そんな病です。


しかし、その何倍も何十倍も

良くなっている方はいるのです。

わたしもその一人です。



加茂先生はこの病の本当の怖さを知っているから

ご自身の命を削って

慢性疼痛の患者を救おうとされています。

この数年で少しづつ
慢性疼痛への医学界の理解も進みましたが

まだまだ

ヘルニアは手術で治す
ヘルニアが痛みの原因
脊椎間狭窄症も手術で治す
痛いのは気の持ちよう
甘えが痛みを増強している
ヒマだから痛みのことばかり考えるんだ

画像に異常がなければ痛いと言われてもとりあわない、信じない、治療しない医師

湿布とロキソニンかリリカ出してお茶を濁す医師


様子を見る、、、
時間が薬、、、

今々、息が出来ないほどの痛みや不具合に喘ぐ患者には残酷な言葉です。


外見は元気そうにみえます。
優先座席に座れば白い目で見られるでしょう。

「ただの腰痛」で半年休職したわたしは
昇進取り消し、給与は下がりました。
完全復帰しても給与は戻らない←ブラック


わたしや友人の場合(退院してしばらくの状態)


心配されるのは重くて、から元気で明るくしています。

長話に付き合うのは疲れます。
出来れば横になっていたいと思います。
着替えて化粧して靴を履いて、、と考えるだけで萎えます。
電話は頭痛や耳鳴りを起こすし口渇でつらいです。
電車に乗るのは苦痛
先の約束は体調次第だから出来ません。
人のペースに合わすと寝込みます。
人混みは嫌い
眩しいとつらい
一人は怖い
いつまでも治らないと世間やみんなに見離されるんじゃないかと怖い
加茂整形に帰りたい




まあ、色々ありましたが

ご存知のように今は元気になりました。

同じ病気の皆さん

長い夜はあっても明けない夜はないです。

地味な回復ですし、一進一退かもしれません。
治療にはお金もかかるし、入院しても民間保険が出にくい(出ない訳ではない)病気です。

解ってくれる医療機関や医師を探すだけでも病気がひどくなりそうですが(笑)
ここはひとつ踏ん張って探しましょう。

よく、、、
「諦めないで」とか言われるでしょうが
こんなつらいのに諦める人なんか居ないよね
慣れる人なんかいないよね

無視、無視

遠慮なく話が出来る人、いたらうれしいね

出来たらダラダラしながら(笑)


ではでは、このシリーズもいよいよ次で最終です。

わたしの受けた、あるいは今も続けている治療について書こうと思います。





〈上等な卵かけご飯〉




プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR