親子すぎるやろ

蚊に刺されやすい人


↑ 我等の共通の天敵対策は画期的に変わるかもしれん。



ところで2週間前の夜8時頃

突然片方の目元とか目とかが「ぐ、っがあ~ん」と痛くなり、

翌日は朝早くから客先で仕事だったし、
痛みの次に違和感がきつくなり眼科の夜間救急に。

夜間休日救急診療専門病院で夜間や休日しか開いていない。

歯科、耳鼻科、眼科、内科があり
夜10時から診てくれる。

初めて行ったけど
どーみても「昼間に普通の病院行けよ」
という感じな御方もいたけど、

「つらそう」な方も、心配顔の家族の人も。

わたくしは旦那のつきそいは丁重にお断り。




昼間の病院と違うのは少しトリアージしていたこと。

最初に順番に問診されるが急を要する人から検査を先に進めてた。
当たり前よね。救急病院だもんね。

だから少し待ったけどノンストレス。


結局、角膜が乾燥してボロくなりキズがあったのと昔の網膜なんちゃらというのがちょっと悪さをして見にくいから頭痛みたいな痛みでしょう、と。

つまり「目が乾いてキズがたくさんついてた」らしい


糖尿病だし、念のため眼底検査もしとこーか、と言ってくれたので有り難くOK

↑ 眼底検査を来月予約してたのでわざわざ行かなくてよくなったわ(^_^)感謝


目薬処方で帰宅。


まだちょい乾きぎみだけど
だいぶよくなった5日後の一昨日の朝早く、母から電話があり

「じーさまが目が痛いから眼医者に連れていって~」と。



旦那が同行し、じーさま眼科へ。

結果は


「目が乾いてキズがたくさんついてた」らしい


わははは


親子やねぇ。一緒やん。


じーさまは春に転けたときに顔面強打し
目の回りをなん針も縫ったからか、片側の瞼がちゃんと閉じきれてないらしい。

で、乾燥しやすいのね。


こちらも目薬で即日効果(*´ ˘ `*)




みなさん、目は皮膚と同じで乾燥しやすいらしいですよ。



老化?


ふんっ。まあね。





しかし、冒頭の「蚊」の件、わたしは今年は

2個噛まれただけ。←大阪の蚊は噛む、東京の蚊は刺すらしい(笑)



旦那は無数に噛まれる。くくくくくっ














続・踏んだり蹴ったり、引いたり寝たり

たくさん


わたしもよ、、(*´ ˘ `*)


の、コメントありがとうございます。



わかるよ~、のコメント

ありがとうございます。。




はは、、、泣いちゃいましたよ。

ありがとうございます。


ゆっくり考えます。


だいぶ弱ってるからか




左足の第二指の化膿がおさまってきた翌々日

右足の第二指が陥入爪がいきなり化膿。

まあね、左足を庇って歩いたし。
元々、右足のが酷かったからね。

そしてまた皮膚科にgo

これはね、涙出るくらい処置が痛かった。
んぎゃあ~Σ(`∀´ノ)ノ と、言いました。

食い込んだ爪を持ち上げガーゼを突っ込んで




でも腫れがひかず、翌日ワイヤー処置





そして背中を蚊に刺され、治らない。

↑ 今、ここ。





そんな中でも会社は行くわけで

ひとつひとつは休むほどじゃない。



なんだか、治らないのがストレスになってる。

皮膚関連はわたしの一番怖いとこだもんなあ。



そして会社のクーラーで腕の痛みが出て。
(会社ではニットのケープ巻いてます)


昨日夜から風邪引いてしまいました。
(パートさんのを戴きました)


今は、狭心症発作からの悪循環かな。

休まなきゃね。


最近、土日出勤で、月曜火曜か金曜が振替休み

通院には都合はいいんだけど。


来々週からは、たくさん休む。

再建用に取っておいた有休20日を
定年迄(9月末)に消化します。




ま、今は、
心臓落ち着かないと再建手術は、ねぇ、、



これもがっくりきた理由かなあ



定年後も働くと、勤務内容と責任は変わらず

給与は手取12万、賞与はなし、身分は関連会社派遣社員

年金は今もらうと4万円ないらしい。




暗い話はまあ、いいか。



ポケモンGO





↓↓↓


こいつがさ、進化するとね、こーなるの。


↓↓↓








やっぱ、進化しないとね。


う~む。





風邪引いてるし、寝よ。お休みなさい。


たくさん心配かけてごめんなさい。


いつも一緒に考えてくれてありがとう。


だいぶ落ち着いてきた、と思う。


頭、冷やしてます。






踏んだり蹴ったりなだけだな。

心臓くんが落ち着きを取り戻しつつあった木曜夜

何やら足がずきずき

なんじゃ?



あ、やば、、、。


足の指が、陥入爪悪化、からの、腫れてる

一晩明けて


金曜、、あ~っ、化膿?

皮膚科にゴー ←心臓で入院した病院にある



先生「あ、こりゃ、来て正解、化膿してる、膿出すよ」

りせ「あ、、う、、」

先生「顔に悲壮感が漂ってる(笑)、そんな痛くないから大丈夫」


注射針の先でプチ←痛くなかった


「はい、終了(^-^) ちょっとやったね

薬、抗生剤飲んで欲しいな、これは。
こないだの心臓で免疫も下がったかな


安静ね、あんまり歩き回らないでね。
ほーかしき炎になりやすいのよ、これは。
これ以上赤いのが広がったらすぐに、日曜でも、すぐに来てね、入院だよ。

と、いわれ


抗生剤飲んで、まあまあ会社に行くくらいで
あとはあまり歩かなかったら、
だんだん痛みも消え
赤いのも引いてきた。

指先だから浮かし気味で歩いちゃうから
脹ら脛いたいわ。



そしてさ、入院してたときから
食べると疲れるから横になってたら
また逆流性食道炎再燃




もー、さー

踏んだり蹴ったりっちゃあ、こういうことかい?




って、日々ですが


とてもうれしいメールを戴いたり

久々T看護師さんに癒して戴いたり

皆さんからコメント戴いたり

大切に思って戴いてるのを感じることが出来るから






踏んだり蹴ったりのわりには

やる気は低下していますがグレて横領したりせず

旦那への復讐には燃えても他人様には迷惑かけず

物凄い怒りが頭に渦巻いてるわりに

素直な涙流せています。


本当に、ありがとう。
いつも一緒にいてくれてありがとう。





追伸


頭痛はだいぶ慣れました。

良かった、、、。







ということらしい

お返事をかけなくてごめんなさい。

いっつもいっつも、たくさん支えて下さってありがとう。

みんなだっていっぱいたいへんなことのある毎日なのにありがとう。


みんな元気でいてくれてるからうれしいです( ≧∀≦)ノ



さて、続きのご報告です。







わたしも納得いかないが

先生的にめっちゃ納得いってないことがある

「意識消失は狭心症由来か?」


実は狭心症ではあまり意識消失はない。
ないことはないが珍しい。




本当はもうそっちの追究は
脳にはCTでみるかぎり癌や出血がなかったから

その他の検査は外来でするはずだったけど

退院予定前日に熱出てCRPまで上がり退院延期になったんで
入院中に「意識消失」の原因解明することに。



脳のMRI(脳転移などの除外判定のため)
頸動脈エコー(ここからの脳虚血発作判定のため)

→ 異常なし。血管はやはり綺麗だった。
(40代より美しいらしい)


なので、循環器科からこちらへ






で、生まれてはじめての脳波の検査をば





脳波の検査ね、準備に20分、検査に30分。

端子を頭皮に糊みたいなのでむにむにむにむに
て、つけます。頭は検査後に拭いて下さったんですがけっこうコテコテになります( ・∀・)



んで、



結果は、、

結果は、、


まさかの異常あり。

「まあ、意識消失は狭心症がでかくてショックで自律神経乱れたせいかなあ」
と思っていた先生の方がびっくりして
同じ科の脳波の専門医に相談したらしいくらい意外だったそうで。



結果、てんかんとはいえない。



と、いう範囲らしい。



びっくりしたあ~っ❗


再検査も不要らしい。う~っむ、、、。

まさかの脳波に異常とは。

が、特段これっくらいじゃ治療もいらないらしいし
意識消失もこのせいでもないらしい。


はあ、、まことに叩けば埃の出る身体過ぎるやろ
ほんまに。






今、出ている症状は


「耐えられないくらい激しい頭痛」


くらいなもんかな( ・∀・)


対策は、

脳に異常ないから
たぶん増やした薬の副作用。



あとは


「慣れです( ̄ー ̄)ニヤリ 」とのご指導。



とはいえ、チョー痛いから

副作用プラス他の要因の頭痛、首懲りもあるかも
ということで
しばらく鎮痛のため薬を3種。



しかし、6日目じゃが、まだ慣れない
慣れるんか?これ、、、

こんな痛みは、我慢出来んわ。むりっ
次の外来で言ってみよ。



「まとめ」


心臓やら頸動脈血管をくまなく検査されたけど
きれいで弾力性に富んでた。

脳に至っては普通40から50歳ででるなんちゃらすらないらしい。



そして、わたしが一番心配していた頚椎。
首の骨、ね。


頚椎MRIの結果は軽い頚椎ヘルニア

この3ヶ月だんだん痛みを増していく首に
不安ましましでしたが


骨転移はありませんでした。


よ、良かった、、(ToT)、これが心臓より心配だった
本当に心配してたんだよ。




うん、ただの異型狭心症でよかったよ(*´ ˘ `*)

神さま、ありがとう。感謝します。








そういや初発の異型狭心症のとき

年くって動脈硬化が出たら

血管硬くなって収縮出来なくなるから異型狭心症
はなくなるよ~。でさあ、ほんとの狭心症になるよ、糖尿だし、って


言いやがった生意気な若造医者、そこに座れ

ワシの血管はまだ綺麗ぢゃ❗





というわけで、元気になってきました。

本当にみなさん、ありがとう。





胃カメラってみた

ロング ロング 顎ぉ

胃カメラで悶絶




以降、人間ドックもバリウムでご勘弁願ってきた。



が、4月半ばからの不調に負け、ハルカスの天辺から飛び降りるくらいの覚悟で

胃カメラ受けた。痛いから。






ちょっと整理すると。

____________________


「今日の問診票」に○をつけた項目

咳→4月初めくらい、朝と夕食後がひどい
寝るとむせる→4月初めくらいから
胸の痛み→ここ半月(心窩部痛)
喉の痛み→4月初めくらい
背中の痛み→ここ数日


____________________

この症状で他院にかかりましたか?処方は?

はい

肺に甲状腺、心臓と、あちこち調べられたあげく、咳喘息との診断。
薬の飲んでも症状も消えません。

昼ご飯食べたら心窩部痛と胸が締め付けられるような痛みで夜ご飯は抜いてます。

本日朝から胃を意を決して、消化器センターさんを受診しました。

と、記載。

____________________


ジジイの肝臓がん4.5センチをラジオ波でやっつけ、バハアの胆嚢炎を手術してくれた病院。

朝8時到着。わたしの前に5人。

予約なし、初診。

9時過ぎ、看護師問診、血圧、酸素濃度、体温測定
お薬手帳チェック、、、しているうちに



「リセットさん、一診にどーぞ」


リセット→かくかくしかじか
ドクター→ふむふむ、なるほど、で、逆流性食道炎じゃないかと、、、ふむふむ


「(^_^)v 胃カメラしましょう。」


「やっぱりですかぁ(ToT)わかりました、、、」


「大丈夫です、すぐすみます、簡単です」


「胃カメラ予約は土曜日空いてますか(-_-)」


「今からやります。」

「ふぁっ?」

「はいっ、リセットさん、カメラっ、同意書出して、説明するよっ」




!!(゜ロ゜ノ)ノ




心の準備はする暇がなかった。

で、説明を受け同意書も読んでサインした。



の、5分後

麻酔薬を凍らせた美味しいシャーベットを頬張るリセット。


おおっ、検査は奇しくもジジイの主治医様降臨


看護師さんや検査技師さんがリラックスするよういろいろしてくれる


ひょっとして楽勝?


いざっ

胃カメった。





悶絶はしなかったけど。

わし、がんばりました。褒めて下さい。

ピロリもついでに検査。




ピロリ検査結果出るまで2時間。お散歩。




「○○番の方、一診にどーぞー」


どきどきする間もなく




ドア半分くらい開けたくらいで

ドクターがデカイ声で




「大丈夫でしたよ❗」




「軽い逆流性食道炎です。」

「ピロリもいませんっ」




ドクターの勢いに肩の力抜けたリセット


「( ≧∀≦)ノ あざぁっすっ」



「(^-^)良かったですね。薬なしでももうしばらくしたら治るくらいだけど、まだだいぶ痛い?」

「はい、痛いです」

「では一般的な逆流性食道炎の薬を最小限出すね。心配いらないよ❗すぐに良くなります」




うん、もはや心配などしてません。



痛いのを治してくれたらいいんです。

ご飯、がっつり食べたいんです。

咳なくなったらいいんです。

寝たらむせるのとか喉のイガイガいやなんです。







追記


胃カメラ飲む前の胃を綺麗にする薬も
シャーベットになってる麻酔薬も、、、

美味しかった(-_-)



ポリープも潰瘍もない良い胃と十二指腸だそうで。ピロリもいないから優秀だって。

喉は人より敏感。胃カメラつらい。
だから軽い食道炎でも痛かったらしく。
喉ちんこもないから。ワシ。

元気な胃でも歳を重ねると
些細なイベントで逆流性食道炎にはなるそうです。

コルセット、ストレス、食べ過ぎ、一部の鎮痛剤
、姿勢など。


ただ、他の病気って可能性もあるから

ハッキリさせるには胃カメラが一番なんだって。

鼻からカメラならもう少し楽なんだろうか
(今日は口からカメラしか空いてなかったの(ToT))


胃カメラはやはりフェチにはなれそうにないが
でもまあ無事胃カメったし結果も軽かったし
良ぉござんした。


初診+胃カメラ+ピロリ+処方で6000円ちょい。

初診で行って2時間半で全部終わった。



明日からまた美味しいものが食べられるかな。






普通、病院のHPの理念って御題目だけなんだけど


↓今日は正しくこの通りだった (*’ω’ノノ゙☆パチパチ



当センターの大きな特色はすべての診療が迅速に行えるようスタッフ全員が心がけていることです。具体的な例としましては、可能な検査はすべて初診当日に行うよう配慮します。また入院までの待機日数も可能な限り短くしております。私どもが目指すよい医療とは患者様にとって最小限の精神的、肉体的、そして経済的な負担で病気を治すことです。






ここで胃カメった。









プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR