続・踏んだり蹴ったり、引いたり寝たり

たくさん


わたしもよ、、(*´ ˘ `*)


の、コメントありがとうございます。



わかるよ~、のコメント

ありがとうございます。。




はは、、、泣いちゃいましたよ。

ありがとうございます。


ゆっくり考えます。


だいぶ弱ってるからか




左足の第二指の化膿がおさまってきた翌々日

右足の第二指が陥入爪がいきなり化膿。

まあね、左足を庇って歩いたし。
元々、右足のが酷かったからね。

そしてまた皮膚科にgo

これはね、涙出るくらい処置が痛かった。
んぎゃあ~Σ(`∀´ノ)ノ と、言いました。

食い込んだ爪を持ち上げガーゼを突っ込んで




でも腫れがひかず、翌日ワイヤー処置





そして背中を蚊に刺され、治らない。

↑ 今、ここ。





そんな中でも会社は行くわけで

ひとつひとつは休むほどじゃない。



なんだか、治らないのがストレスになってる。

皮膚関連はわたしの一番怖いとこだもんなあ。



そして会社のクーラーで腕の痛みが出て。
(会社ではニットのケープ巻いてます)


昨日夜から風邪引いてしまいました。
(パートさんのを戴きました)


今は、狭心症発作からの悪循環かな。

休まなきゃね。


最近、土日出勤で、月曜火曜か金曜が振替休み

通院には都合はいいんだけど。


来々週からは、たくさん休む。

再建用に取っておいた有休20日を
定年迄(9月末)に消化します。




ま、今は、
心臓落ち着かないと再建手術は、ねぇ、、



これもがっくりきた理由かなあ



定年後も働くと、勤務内容と責任は変わらず

給与は手取12万、賞与はなし、身分は関連会社派遣社員

年金は今もらうと4万円ないらしい。




暗い話はまあ、いいか。



ポケモンGO





↓↓↓


こいつがさ、進化するとね、こーなるの。


↓↓↓








やっぱ、進化しないとね。


う~む。





風邪引いてるし、寝よ。お休みなさい。


たくさん心配かけてごめんなさい。


いつも一緒に考えてくれてありがとう。


だいぶ落ち着いてきた、と思う。


頭、冷やしてます。






リセット フェマーラも定期観察もやめるってよ

わたしはいったい何がしたいのか。




今日、乳主治医、検診。

CT再検査異常なし

これは気にしてなかった






春から心に積もっていた泥を吐き出す




先生、わたし、フェマーラも定期観察も検査も

やりたくない

歯医者以外はもう医者にはいかない

風邪引いても、首を痛めても、転移を疑われる


だからもう

なにかあってもいかない

ここにもこない





もう、、、疲れた。元の自分に戻りたい。




他の治療も嫌や



この数年間、わたしはずっと病人だった。





先生、わたし半壊したよ。


心の滓を吐き出だす相手が欲しい。






いつもいつも危うい綱渡り

いつも何かに注意しながら生きている



それなのに渡りきれない不器用な綱渡り





7月、夏



3年目。



わたしは何がしたいのか。


乳主治医は

心療内科受診後

9月にまた話をしましょう、と言った













千尋の谷に部下をぶちこんでみる

もうすぐ定年だし。

次々と仕事を手放し、

部下を千尋の谷とやらに突き落とすわたし。




これはなんというか、快感だ。


突き落とすじゃろ?

必死で上がってくるじゃろ?


谷の上から腰に手を当てて黙って眺めとる。




しかしそれは「わたしという管理職」の

10年間の通知表でもあるわけで。


さあて、さらなる谷に「てぃっ」と突き落とすかな。







「企業など誰いなくても回るもの」

踏んだり蹴ったりなだけだな。

心臓くんが落ち着きを取り戻しつつあった木曜夜

何やら足がずきずき

なんじゃ?



あ、やば、、、。


足の指が、陥入爪悪化、からの、腫れてる

一晩明けて


金曜、、あ~っ、化膿?

皮膚科にゴー ←心臓で入院した病院にある



先生「あ、こりゃ、来て正解、化膿してる、膿出すよ」

りせ「あ、、う、、」

先生「顔に悲壮感が漂ってる(笑)、そんな痛くないから大丈夫」


注射針の先でプチ←痛くなかった


「はい、終了(^-^) ちょっとやったね

薬、抗生剤飲んで欲しいな、これは。
こないだの心臓で免疫も下がったかな


安静ね、あんまり歩き回らないでね。
ほーかしき炎になりやすいのよ、これは。
これ以上赤いのが広がったらすぐに、日曜でも、すぐに来てね、入院だよ。

と、いわれ


抗生剤飲んで、まあまあ会社に行くくらいで
あとはあまり歩かなかったら、
だんだん痛みも消え
赤いのも引いてきた。

指先だから浮かし気味で歩いちゃうから
脹ら脛いたいわ。



そしてさ、入院してたときから
食べると疲れるから横になってたら
また逆流性食道炎再燃




もー、さー

踏んだり蹴ったりっちゃあ、こういうことかい?




って、日々ですが


とてもうれしいメールを戴いたり

久々T看護師さんに癒して戴いたり

皆さんからコメント戴いたり

大切に思って戴いてるのを感じることが出来るから






踏んだり蹴ったりのわりには

やる気は低下していますがグレて横領したりせず

旦那への復讐には燃えても他人様には迷惑かけず

物凄い怒りが頭に渦巻いてるわりに

素直な涙流せています。


本当に、ありがとう。
いつも一緒にいてくれてありがとう。





追伸


頭痛はだいぶ慣れました。

良かった、、、。







独り暮らしの救急心得 (ToT)

少し安定してきましたよ。

心配してくれてありがとう。
コメントお返事もできないままごめんなさい。
パワーだけはしっかり頂戴いたしました。
ほんとありがとう❗

あ、Kりさん、お返事メールついたかな?



さて、一回落ち着いたかと思いきや
また9日土曜朝に救急車を呼んでしまうはめに
なりまして。

薬増えました。頭痛がする薬、、、(((^^;)






救急車呼ぶには段取りいるよね。
呼びたくなんかないけど。

うちの旦那はタバコを買いにいくと行って3日ぐらい帰らなかったり

今回、退院した翌日も
ゴミを出しに行ったまま帰ってきたのは2日後の夕方。



まあ、そんな奴だ。

もうストレスたまるからぶっちゃけ書く。



優しいが、絵に書いたようなろくでなしだ。

ろくでなしスイッチは
わたしが病気か給料前か、精神的にしんどいときや暗くなって話を聞いてほしい時に入る。
わかりやすい。




なので基本わたしは、つらいときに限って独り暮らしだ。


で、やはり準備する。





《緊急を想定して普段からしておくこと》


玄関内側、救急隊員の目につくところに
「緊急搬送セット」貼っておく。
わたしはマグネットでとめてます。


命の危機なら連絡してもらえます。


お薬手帳と病歴、掛かり付け医などのメモ、
緊急連絡先、携帯のパスワードなどです。

リンパ浮腫で片腕処置不可、も外側に大きく書いておくと良いでしょう。


携帯のGPS機能は日頃からオンにしておく

(万が一、ダイヤルしたあと気絶しても位置の特定が出来る。だけど集合住宅は無理かな)




《少しおかしいと思った時点で》

①早めに携帯を手元にして

②とにかく玄関の鍵をあけ

③財布、保険証、鍵を手元に寄せ
落ち着いて体調をみる




《いよいよおかしくなってきたら》


119にかける。


鍵を開けられなくても119で住所さえ言えたら
救急隊員さんは、鍵がかかっていたら
壊して入って来てくれます。

壊した鍵や窓の修理代はもちろん患者持ちです。



《いきなりきちゃったら》


ありったけの力を振り絞り119


携帯のパスワード解除しなくても
緊急ダイヤルだけはかけられるよ。






このピンクから





こうなるからダイヤル出来るし

わたしの機種は画面下からわたしの医療情報が
参照できる
(パスワードなしで)







さて、

今まで、救急車関連でオーマイガッと思ったことはすべて帰宅時。



さいわい入院にならない場合だからいいんだけど

一人暮らしはなんだか情けなくなる。



救急車で行って、財布を持ってない場合
医者代はツケがきく。

が、

救急車はワンウェイだ。帰りは自力でなんとかしないとあかん。
タクシー代は病院では貸してくれない。
交番なら貸してくれます。

病歴書いた封筒にいくらかお金いれておくのもいいね。



あるとき
ストレッチャーで運ばれ靴を履いてなくて、
帰るとき病院のスリッパの上にビニール袋を履いてタクシーに乗った
(気のつく隊員さんは靴も持たせてくれます)




夏にパジャマの下がノーパンだった件

病院でパジャマから検査着に着替えるとき
チョー気まずかった



入院を免れ一人帰るとき、、、

そんなときに限って
もう今夜で捨てるつもりのヘロヘロジャージだったり

赤とピンクのストライプのTシャツと緑水玉のすごいパンツの組合わせの格好だったり

えもいわれぬ寝癖であったり、
メガネもなくて周りもよく見えない中


一人帰るわけで


たいてい、明け方の電車もない怪しい時間帯に。





以上の経験より

玄関に医療メモ、連絡先、数千円、保険証コピーを薄い封筒に入れ、マグネットで留めてます。

服は、最近、ホームウェアと呼ばれるものをきてねます。

風呂上がりはもう不可抗力。



とにかく玄関にいるものをまとめとくといいよ

あ、なんとなく地震とかの災害時の備えに似てるな。








循環器科のある病院はなかなかブルジョワぽい。

ティールームで朝食をオーダーすると





こんなので出てくる。





ちなみに5日間の入院で15人の諭吉と別れた。



今日は再診で、会社休んでます。








ということらしい

お返事をかけなくてごめんなさい。

いっつもいっつも、たくさん支えて下さってありがとう。

みんなだっていっぱいたいへんなことのある毎日なのにありがとう。


みんな元気でいてくれてるからうれしいです( ≧∀≦)ノ



さて、続きのご報告です。







わたしも納得いかないが

先生的にめっちゃ納得いってないことがある

「意識消失は狭心症由来か?」


実は狭心症ではあまり意識消失はない。
ないことはないが珍しい。




本当はもうそっちの追究は
脳にはCTでみるかぎり癌や出血がなかったから

その他の検査は外来でするはずだったけど

退院予定前日に熱出てCRPまで上がり退院延期になったんで
入院中に「意識消失」の原因解明することに。



脳のMRI(脳転移などの除外判定のため)
頸動脈エコー(ここからの脳虚血発作判定のため)

→ 異常なし。血管はやはり綺麗だった。
(40代より美しいらしい)


なので、循環器科からこちらへ






で、生まれてはじめての脳波の検査をば





脳波の検査ね、準備に20分、検査に30分。

端子を頭皮に糊みたいなのでむにむにむにむに
て、つけます。頭は検査後に拭いて下さったんですがけっこうコテコテになります( ・∀・)



んで、



結果は、、

結果は、、


まさかの異常あり。

「まあ、意識消失は狭心症がでかくてショックで自律神経乱れたせいかなあ」
と思っていた先生の方がびっくりして
同じ科の脳波の専門医に相談したらしいくらい意外だったそうで。



結果、てんかんとはいえない。



と、いう範囲らしい。



びっくりしたあ~っ❗


再検査も不要らしい。う~っむ、、、。

まさかの脳波に異常とは。

が、特段これっくらいじゃ治療もいらないらしいし
意識消失もこのせいでもないらしい。


はあ、、まことに叩けば埃の出る身体過ぎるやろ
ほんまに。






今、出ている症状は


「耐えられないくらい激しい頭痛」


くらいなもんかな( ・∀・)


対策は、

脳に異常ないから
たぶん増やした薬の副作用。



あとは


「慣れです( ̄ー ̄)ニヤリ 」とのご指導。



とはいえ、チョー痛いから

副作用プラス他の要因の頭痛、首懲りもあるかも
ということで
しばらく鎮痛のため薬を3種。



しかし、6日目じゃが、まだ慣れない
慣れるんか?これ、、、

こんな痛みは、我慢出来んわ。むりっ
次の外来で言ってみよ。



「まとめ」


心臓やら頸動脈血管をくまなく検査されたけど
きれいで弾力性に富んでた。

脳に至っては普通40から50歳ででるなんちゃらすらないらしい。



そして、わたしが一番心配していた頚椎。
首の骨、ね。


頚椎MRIの結果は軽い頚椎ヘルニア

この3ヶ月だんだん痛みを増していく首に
不安ましましでしたが


骨転移はありませんでした。


よ、良かった、、(ToT)、これが心臓より心配だった
本当に心配してたんだよ。




うん、ただの異型狭心症でよかったよ(*´ ˘ `*)

神さま、ありがとう。感謝します。








そういや初発の異型狭心症のとき

年くって動脈硬化が出たら

血管硬くなって収縮出来なくなるから異型狭心症
はなくなるよ~。でさあ、ほんとの狭心症になるよ、糖尿だし、って


言いやがった生意気な若造医者、そこに座れ

ワシの血管はまだ綺麗ぢゃ❗





というわけで、元気になってきました。

本当にみなさん、ありがとう。





退院 & 結果は、、

退院しました。

心配してくださってありがとう、みなさま。

本当にありがとう。



たくさん検査しました。




先生いわく

あり得ないくらいCTやって被爆させてしまったから、もう被爆しないやつしかさせたくないよ、ってくらい検査が必要で、、。

で、これ以上他で検査が要らないように
乳主治医やら掛かり付け医、各方面に
今回ありったけ調べた情報とわたしの現状を
共有しておきますと手配して下さいました。


先生、被爆はさ、わしの救命のためにしてくれたんだもん、全く気にしてない。

それより、ご高配ありがとう。





最初運ばれたとき

循環器科先生が二人とも大動脈解離やと思ったんやってね。

胸部、背部の激痛、血圧、意識消失、途中から下肢痛、

しょうがないよね。

とーにょーびょーやし。
異型狭心症持ちやし、ハイリスクやから。



あんまり覚えてないが

その場でレントゲン、すぐさまCT&造影CT



次の日、

もう一度特殊な心臓の血管をみるための造影CT。
この検査で心臓にある冠状動脈はくっきり見える。

結果、血管めっちゃ綺麗だったからカテーテルはパス

心臓エコー、頸動脈エコー、問題なし

ずっと、心電図につながって見まもり。

一時間くらいおきに先生と看護師さんがくる。





これらの検査により

循環器内科としての診断は


「とても大きな異型狭心症発作で少し心臓が止まりました、んでしょー」




ということに。



で、検査はつづく。


意識消失のなぞを探究。


まさかの、結果に「へっ?」



↑心配要りませんが、驚いた👀‼
プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR