父は、なんというか…どひゃあだ。



生活のスケジュールは決まっていて
日々、定刻。

夕方4時半には入浴と決まっていて
来客中であろうと何だろうと入る


5時半には夕食
その前にインスリン注射

母が膝が痛くて立てなかろうが
テーブルに5時25分に座る

じっと待ってる

で、6時30分に食事を終え、服薬し
決まったテレビをみて

9時消灯

妹が居間で母と話をしていようと
キッチンで食事をしていようと
入浴中だろうと
一階の電気は全部消す。

断っておくが、父には悪気はない
人が目に入らないだけなんだろう。

究極の自己チュー。

妹は、父だから、年寄りだからしようがないと思って我慢するらしい。


5年前に坐骨神経痛がひどくなり
検査したら糖尿病がかなり悪化していて
入院した。

まあ、薬やインスリン、食事療法で良くなったが、

突然、視野が欠けて下半分が見えないと言い出したから、ドクターも慌てて
急遽、脳のMRIだかCT撮ったが
脳に異常はなし

で、退院後緑内障の専門医に。



んが、ここで驚愕の事実。


下半分が見えないという意味が判明♪


頭、枕につけて上向きに寝てたらな
足の指先が見えんのや

入院前は見えてたはずやっ!!



ばっかもぉ~ん(`へ´*)ノ
そんなもん、私も見えへんわっ!!


自宅では枕がかなり高いから見えてたらしいが
病院の枕は低いから見えない。


しかし、眼科の先生は優しい

○○さん、同年輩の方の平均よりずっと
広く見えてますよ~。
大丈夫です。よかったですね~(*´ー`*)




ジジイめぇ~。



そして糖尿病によい食事に変えて数ヵ月
ある日目眩が激しく、入院。


退院間際

父が、大腸がん検診を受けたいという
もう、主治医にお願いしたと。

ちょうどリセットの乳がん判明し
治療中だったかな


どしたん?

いよいよ、ワシも…。

えっ!?


なんか自覚症状あるん?

うん…。




そうなんや…。

私も妹も母も、思った。

入院中やし、便に血でも混じったんか…
娘も乳がん、父親が大腸がん…(T^T)
みんな詳しいことは聞かなかった。


検査は滞りなく終わり


健康な腸ですよ~(*´ー`*)とのこと




嗚呼、よかったね~(//∇//)



一安心したから、聞いてみた。


なんでガンやと思ったん?


うん、最近なおならがボンッて

出るんや…(._.)

前は、ブゥ~やったんや

それが心配でなあ




糖尿病悪化後、母は腕にヨリをかけて

野菜や繊維質の多いメニューにしてる

そうさ、だから勢いついたのさっ



喜びやがれっ!! くそジジイ!!






しかし、わたしも似たとこどっこいか

なんでも怖くなるもんなあ…。

ある意味笑えん。





コメントの投稿

非公開コメント

リセットさんに捧げる歌

七重八重音はすれども山吹の具の一つだに無きぞ悲しき

下品ですみませんっ!

ポーさんに返歌(//∇//)

ポーさん(//∇//)

爆笑やわ~((o(^∇^)o)) さすがやわ♪
うひゃひゃひゃひゃひゃ

おっほん。

では、返歌!?を

すかし屁の消えやすきこそあはれなれ
み はなき物と思ひながらも



No title

ごめんなさい。記事を読んで笑って
お二人のコメントを読んでさらに爆笑してしまいました。
雅どすなぁ(*^_^*)


お父様、心配性なのかな?でも眼科の先生も腸の検査してくれた
先生も、優しくて良かったね。回りを振り回しても自覚症状のない人には
説明してもなかなかわかってもらえないよね。ご家族のストレスが
溜まりませんように。。。

めいりんさんも一句♪

もうね、ポーさん面白いし。
笑いますね。

と、自分は違うと言いたいわたし…(爆)

No title

義父、昨年11月末88才で なくなりました。
58才でくも膜下を発症し現役を離脱、元々頑固でプライドが高い人だったので家族も手を焼いていました。
治療していた総合病院からこれ以上(完治)の治療はもうないので今後は近くの病院で 今飲んでいる薬を貰ってくださいと言われました。
で、探したのが特養施設も併設されてるところ。いざというときは
融通が利くのではという思惑。(狙いどうりでした)
認知症も問題なく過ごしていたのですが段々歳をとるごとに集中力がなくなり耳も遠くなってくると何でも自分流に解釈してしまい、薬もいい加減な飲み方になっていました。
朝昼晩のは勿論便秘の薬を飲みながら同時に下痢止めを飲む。
1週間に一回飲む骨粗症の薬は缶に溜め込んで有りました。
日中寝ているので当然夜は寝付きが悪い。で眠剤。の他に導入剤、安定剤。
で、夜中トイレにいくのにふらつき転倒。
対処としては私が病院に同行、先生に状況を話し眠剤の減薬と薬の説明をその都度して貰う。
最後には朝昼晩の薬を一梱包ごとにしてもらいました。(薬剤師さんに相談したら、先生の指示があればできるからとその場で先生に電話をしてくれました。)
眠剤は半分ぬきとりました。

親の介護は大変です。親だからこうしてあげたい、ああしてやりたいと思います。けれどそれが介護する側の自己満足になってはいけません。本人が嫌だと思うことを無理強いすることは良かれとやったことでもそれは虐待です。本人がどうしたいのか、自分がこうするのなぜなのかをじっくり納得して貰うことが大事です。
聞き分けのない親に腹をたてるのは子供の甘えも多分にあるのではないでしょうか。実母、義母、義父の介護の経験から のべました。

リセットさんのブログなのにすみません。

きいはむさん、おはよう♪

よかれと思っても虐待、これは本当にそう思います。
親だって、自分の人生は自分で舵取りしたいに決まってます。
とはいえ、子に気を使うし人生の大先輩の自負もしっかりありますからね。

妹とわたしは親への関わり方が少し違うのですが、意見が違うときは親と同居している妹の意見が正しいと思っています。

母の父に対する気持ちはまた違い、よく妹とケンカしてます。
父の母に対する気持ちは…ふふ、また書きます。
よい日曜をお過ごし下さい。
プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR