沖縄県民の友来たりて大討論会となる


沖縄から友が来ている
辺野古に近い村の昔の出身、今は那覇
今、故郷は内地の人間に割られていると。



わたし自身は基地も安保も不要だと思っている。
個別的自衛権も。日本は戦争はしない。

他国がミサイル落としても反撃はしない
私たちは武器は持たない
武器は防衛でも使わない
私たち日本人は武装権をもたない国民だ

本当は個別的自衛権ももっと議論されていいと
思っている。

撃たれたら撃ち返すような事では
アメリカのピストル問題と同じだ
撃たれたら仲間が撃ち返すのも
自分が撃って相手を殺すのも同じだ
いやいや、人にやらせる方がたちが悪い


話を戻す。友が言う。
以下、友の意見

内地の人がたくさん来て反対運動をしているが
働きもせず、反対運動だけをしている
ずっと宿泊して、、あの費用は誰からでてるんだろうね~、腹立つよ~

沖縄県民のみんなの代表意見みたいに言うなと彼女はいう。


友人は基地が早く決まって欲しいという。

理由のひとつは経済
働く場所がないから基地があれば、基地に働かなくても地元には仕事が生まれる

もうひとつは防衛

自分たちは未だに前線にあるんだよー
基地が近いならまだ安全さ…
いざどこかから攻められたら内地は沖縄を
捨ててしまうよ

あの反対運動してる人らもきっと内地に一番に帰るよ


そしてまた違う友が言う。

東北の震災で、原発誘致した地元の話

また沖縄の友が言う。

沖縄も基地誘致して戦争になれば故郷がなくなるよ、と言われたこともあるが
それより前に若いものは故郷を出てしまうよ
働くとこがないよ、と

そして友が言う

私らが故郷をアメリカに奪われた時、私らの親を
本土はどうした? 守ってくれたか?!

あんたらは、捨てて帰ってしまったじゃないか

私らだって、戦争したくない

と、いうか、私らは、未だに戦後を迎えてないよ

まだ前線なんだよ



あんたらは、韓国から謝れ謝れ言われてるけど

先に沖縄の人間に謝れ!

捨てて自分らを守ったことを謝れ



もう、最後は激論になり



大討論会となった


基地は無用、戦争はしない、個別的自衛権も使わない。
攻めてこられたら撃たれて死ぬことを選び、
戦場に大事な人を送らない、私

基地は欲しい、集団的自衛権は必須
攻めて来たらアメリカと共に
自分の故郷と愛する家族を守るために戦う友一人

基地は要らない、集団的自衛権も要らないが
個別的自衛権は必要という一人は
戦争になったら家族は戦場には送りたくない
自衛隊に守ってもらうという


他は考え過ぎてわからなくなったらしい
北朝鮮はもはや正常な国家ではない、というのは全員一致


何時間くらい話をしていたんだろ。
50歳~62歳の集まり

こんな話が出来たこともうれしい。

なかなか友人同士では出来ないから。






わずか6人でも大切な議論が出来る

わたしみたいな考え方は少数派だろう

しかし沖縄の友は本土では少数派だと思われているが彼女の地元ではけして少数派ではないという



さて、大討論会の後はひたすら下世話な話に話題が移り、またやろうねー、となった。

会社の隣の駅近くの沖縄料理を食べながら。



こうして憂国の議論が出来るのは日本の国がまだまともだからだ



共謀罪が、成立した。

共謀罪とは、こんな集まりでさえ、国会権力により介入、逮捕される可能性があるということ。

一般人は関係ないというが誰が一般人かは
権力が決めるんだよ、ね。



しかし、一般人でも憂国の激論は交わすよ
その中には現政権を倒そうとする議論だってある

そんなとき、居酒屋の主が手ぬぐい取って
警察手帳などだして、

いや、おめぇは今から公安の対象だ
共謀罪だって

言われる可能性がある世の中に
なってしまったんだ。

自民党、公明党、維新

覚えてろ、まだ間にあう。

次の選挙までによい候補を探さねばならないが。






コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう!

とてもとても大事なことなのに
「本土」では殆ど話題の主流にならないことを
取り上げてくださってありがとう。
沖縄出身の方の貴重なお話ができてよかったですね。
(沖縄県民、という言い方だと現在沖縄に住んでいると
いうことでしょうか?)
沖縄が決して「オール沖縄」でないことは私も
しばしば感じています。
運動は、それが沖縄の問題であろうが、たとえば私が
やっているアフリカのFGM問題であろうが、主体になる
べきは現地の当事者なんですよね。
当事者を「外の人間」がいかに支援するか、それが
私たちに問われていることだと、この方の「叫び」を
聞いて思いました。
それと人間は自然の豊かさ、人情の豊かさだけでは
生きていけないのですよね。同じ重さで経済的豊かさも
重要です。それを外部の人間は忘れてはいけないと
自戒しています。

Re: ありがとう!

ポーさん、こんばんは
こちらこそ、ありがとうございます。
ポーさん、沖縄について、基地について、共謀罪について、やっぱり書きたいです。読んで、知って、考えて欲しい。


彼女は今は浦添市民です。那覇のすぐそばらしいですが、
今回本音打ち明け談義が出来て良かったです。
もっといろいろ話をしました。
生活の中の政治、彼女は非常に身近に政治の結果を感じているんですよね。

あんたらは政治の結果に鈍感だ、他人事なんだろう、とか思いっきり言われました。
グサっときています。


>当事者を「外の人間」がいかに支援するか、それが
>私たちに問われていることだと、この方の「叫び」を
>聞いて思いました。

はい、真摯に受け止めています。



こんばんは


私が思うのは、絶対戦争してはいけないということだけ。去年、一人で原爆資料館に行きました。三度目の見学。
罪のない民間人が一瞬にして命を奪われ、どれだけの若者が、お国のためと信じて命を落としたのか。
国を背負うべきこの多くの優秀な若者たちが生きていたら、日本はどんなに素晴らしい国になっていたか。今の私たちはこの人たちに恥ずかしくない生き方をしているか。
色んな想いが胸に込み上げました。

沖縄から基地を無くすのは、多くの沖縄の人々にとっては、収入の道を失うことなのでしょうから。
原発の町もしかり。
必要なのか、必要悪なのか。

目を背けず議論するのは、本当に大切。結論は出なくても、知れば知るほど悩むし、迷うけど、知らなければ。
ありがとうございます。

今月から、元の職場に一時的に復帰?しました。課はちがうので、仕事の内容は全く違います。今度は女性ばかり。スゴいバワフル✨来月からの繁忙期を前に、嵐の前の静けさだと皆に脅されてます((゚□゚;))

家庭内でも、大きな問題?課題?が生じ、しばらく頭をフル回転させなくてはなりそうです。
楽しみむつもりで、やってみよう👊



ベスさん、こんにちは

>
> 私が思うのは、絶対戦争してはいけないということだけ。

そう、絶対絶対、どんな理屈をつけてもダメ
戦争ははしてはいけないです。

>去年、一人で原爆資料館に行きました。三度目の見学。

うん。いっぱい天皇陛下バンザイといいながら逝きました。心の中ではおかあさん、と叫びながら逝きました。
相手の国にもいっぱいそんな人がいます。
相手を殺して、心壊した若者もいっぱいいます。
街の歴史も人の歴史も破壊します。
生きた証さえ燃え尽くします。

絶対に戦争に踏み出さないように、止めなきゃいけないです。



> 今度は女性ばかり。スゴいバワフル
> 楽しみむつもりで、やってみよう👊

おおっ!懐かしい場所にいくんですね。
職場は変わっても次もなんだか
とっても楽しみな職場みたいですね〜。
良い出会いがありますように!!!

ウシがゆく

最近、「ウシがゆく~植民地主義を探検し、私をさがす旅」(知念ウシ 沖縄タイムス社)を
読んでいます。
沖縄人として日本人に突き付けられる言葉は強烈です。
沖縄県人、本土の人ではないんです。
私は何を言えばいいのか、言葉を失っています。

Re: ウシがゆく

ポーさん、この本知らなかったです。
この方もちゃんと知らない。

Amazonにレビューありました。
図書館行きます。
プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR