ある意味「出待ち」な、お盆

みなさんは、手術のときの「出待ち」はどなたでしたか?


わたしの今回の出待ちは3人。

戦友たる、期間限定同棲中の旦那 1名。
心の友 2名。

計3人 。

友2名、初対面ながらやかましいくらい打ち解けた様子。

手術がもう終わりかなっちゅうころ
近畿地方に緊急地震速報が流れたらしいです。
誤報だったらしいけど大騒ぎだったそうで。



「命」のかかった出待ちしてくれる人なんてなかなか、いないもんね。


人生で命にかかわる「出待ち」ってあるよね。


わたし、たくさん出待ちしたなあ

出産
手術
火葬


お盆、、、

これって全部出待ちですよね~

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出待ちしてくれる旦那さまと素敵なお友達、いいですね〜(*^_^*)
私の出待ちは主人と母でした♪
目覚めの一言は、「リンパは?」でした。
残念ながら右側郭清でした。。。

ブログって、日常で吐き出せないことを吐き出していい場所だと思います(*^_^*)
そういう想いでブログを書いた人にいちゃもんつける人とか見かけるけど、だったら見なきゃいいじゃん!といつも思うのです。

自分らしく自分のあるがままを自分の言葉で。。。
それでいいんだと思ってマス♪

あ、術後初大泣きは入院中でした。
ドレーンの液が漏れてるのを看護師さんに指摘された途端、突然涙が止まらなくなってオンオン泣いた三年前の夏でした。

ピポさんお気持ちめちゃわかります

もう、心決壊寸前だもの。みんなおなじなんですね。
ただでさえ
ドレーンって、とてもとても存在感ありすぎやし。すごくわかります。もう3年…。すごいな。ただの月日重ねたものじゃない、つらいときを重ねて頑張って得た3年。
先輩、ついて行きますからこれからよろしくです
プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR