調べると行き着く先は

マニアック☆リセットの日常から



行き着く先は、医学部図書館、国立図書館文献検索サービス


医学部や公立のでかい図書館なら
文献も読めたりコピー出来たりするし
○○学会に直接文献取り寄せも出来たな


医中誌Webサービスで大概の文献は読めます。


ま、そんなん読んでささやかな心の安らぎを得ています



どこの施設のどの医師が
どんな研究を何を目指してやってるか
傾向は読める


乳がん告知の時は、そんな余裕ない
早よせな「死ぬ」と思ったし。



☆ひとまずネット検索の仕方☆

こんなんもある

日本リンパ学会 ホームページ

たぶん
○○県、LVA、リンパ浮腫 または
LVAをリンパ管細静脈吻合とか
リンパ浮腫、外科的治療

などでググると出ると思います


実績なんかはホームページではあんまり
わからないんです。




参考までに、リセットがよくやる手です


病院のホームページから
診療科 教授、医局長、担当医の
名前をピックアップ

その名前で、例えば

○山●雄、リンパ浮腫、手術
●田○子、リンパ浮腫、治療

などで検索

論文やホームページでその医師の考え方
や、方向性を読む

積極的なのか、消極的なのか
何をメインの手段に
リンパ浮腫にアプローチするのか


何を基準に施設を決めるかってのも
難しいですね(大阪だと…)



○●○●○●○

ためしに過去の○○研究会などの演目を
見てみると

あ、たくさん、発表してる~なんてのも
わかります。

抜粋ね(患者は聞けないのね、こんな発表は)

座長:
東京大学形成外科・美容外科
光嶋勲

末梢における
静脈角形成術―弁構造を有した
リンパ管静脈吻合
岡山大学形成再建外科 山口憲昭


☆これは、聞きたい、大阪の先生方に聞かせたいわ~

Early LVAfor“Cure”of Arm Lymphedema

東京大学形成外科 山本匠


続発性下肢リンパ浮腫におけるリンパ流路の変化を考慮したリンパ管静脈吻合の試み
大阪医科大学形成外科 大槻祐喜

男性外陰部リンパ浮腫の罹病期間の違いによるLVA効果の検討
大分三愛メディカルセンター形成外科
浜田裕一

効果的・効率的なリンパ管静脈吻合術の一考察
栃木県立がんセンター形成外科
大西文夫

伏在静脈を吻合血管とした顕微鏡下リンパ管吻合
獨協医科大学形成外科 野村紘史

下肢慢性リンパ浮腫における弾性着衣
を中心とする保存療法と
リンパ管静脈吻合術の検討
横浜市立大学形成外科 前川二郎

婦人科悪性腫瘍リンパ節郭清後早期の
下肢リンパ管機能の変化
千葉大学形成外科 秋田新介

で、気になる演者をググるとたくさん、文献もでてくる



医学文献検索サービス -メディカルオンライン

この文献は図書館の医中誌Webで見れる
ものもある。
時差あるから発表後すぐには見れない


↓ なんか、読みたいでしょ!?こんなん


リンパ浮腫における平滑筋細胞の形質変換の役割について
緒方英1), 真鍋一郎2), 永井良三2), 光嶋勲1)
1)東京大学医学部附属病院形成外科,
2)東京大学医学部附属病院
循環器内科 リンパ学 33(2): 64 -66 2010


☆ちくわさん、好みかっ!!

安全で効率的なリンパ管細静脈吻合(LVA)
山本匠, 成島三長, 光嶋勲
東京大学医学部附属病院形成外科
リンパ学 33(2): 67 -69 2010


☆ピップ!?へぇ~ 理学療法部はわかるが、薬理学!?↓↓↓


下肢浮腫に対する弾性ストッキングの効果の検討
金井成行1),2), 谷口典正1),3)
1)関西医療大学保健医療学部理学療法学科,
2)近畿大学医学部薬理学教室,
3)ピップ株式会社開発事業本部開発研究課
リンパ学 33(2): 70 -75 2010


☆わお、これは興味深い↓↓↓

乳癌術後患肢リンパ浮腫に対する早期診断と介入方法の検討
(治療機関との連携について)
千葉泰彦1), 鬼頭礼子2), 石山暁3), 鬼頭文彦2)
1)横浜少年鑑別所医務課
2)横浜市立市民病 院外科
3)横浜市立市民病院がん検診センター
リンパ学 33(2): 76 -81 2010


☆リンパ圧って浮腫改善に関連あるはず

↓↓↓

インドシアニングリーン蛍光リンパ管造影を用いた四肢リンパ圧測定法の開発

海野直樹1),2), 鈴木実1),2), 田中宏樹1),2), 眞 野勇記1),2), 佐野真規1),2), 西山元啓1),2), 山 本尚人1),2), 相良大輔1),2), 今野弘之1)
1)浜松医科大学外科学第二講座, 2)浜松医科 大学血管外科 リンパ学 33(2): 87 -90 2010


☆原発性とあるが、画像評価に興味↓↓
横浜市立大学頑張ってる♪

原発性リンパ浮腫12例の
術前画像評価と術中所見の比較検討

清水宏昭, 前川二郎, 小池智之, 矢吹雄一郎
北山晋也, 細野味里, 山本康, 三上太郎

横浜市立大学附属病院形成外科 リンパ学 33(2): 91 -93 2010



☆これは、読みたいなあ
東大でも術後にMRIやった方いたよ~
なにを見るのかなあ↓↓↓


MR Lymphangiographyによる
リンパ管細静脈吻合術の術後評価について
佐久間恒1), 小林尚史1), 彦坂信2), 中島龍夫3) 1)横浜市立市民病院形成外科, 2)平塚市民病 院形成外科, 3)慶応義塾大学医学部形成外科 リンパ学 33(2): 94 -97 2010


☆上肢も評価法あると思います↓↓↓

簡便な下肢リンパ浮腫重症度評価方法

山本匠, 成島三長, 戸所健, 松田奈奈, 光嶋勲 東京大学形成外科 リンパ学 33(2): 98 -99 2010


☆これは、読みたい↓↓↓
リンパ浮腫治療の未来図だよね


リンパ管形成における転写ネットワークの役割

渡部徹郎 東京大学大学院医学系研究科分子病理学 リンパ学 33(2): 100 -101 2010



コメントの投稿

非公開コメント

うんっ!(゜-゜)(。_。)

かなり読みたい!!
早速ブックマーク~♪
ありがとうございます(~▽~@)♪♪♪


光嶋先生の本も前からずっと読みたくて、でも一冊いちまんえん…( ̄ー ̄)とか少し躊躇してた私。
でもリセットさんのブログ読んでて、病気に対する知識ってとても大切だって気付きました。
本も購入しようっと♪…ボーナス出てからね(笑)

Re: うんっ!(゜-゜)(。_。)

一万円かあ…10000円有れば、豪遊出来るから☆文献は図書館サービスで(笑)
なんかさ、タイトルだけでも読んだら治りそうでうれしいもの♪ヽ(´▽`)/
プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR