それでも



そのひとは
ある日突然コメントを下さった
HANAさんちとポーさんちで私を見かけ
気にかけてくださった、と。


同じ抗がん剤…
同じ副作用…

でも違うからと、添えられて


その方のブログにうかがって
来て下さって

日々にその方を近くに思う


そして


乳がんというものがどんな病かを知った

見ないようにしてきたものの正体を

知った



そんなわたしをもその人は迎えてくれる



あれから1年と10ヶ月

いまだわたしは

お顔も声も書かれる字すら知らない



想いの中のその方は



椿

瑠璃

優しくまあるい花

真珠






いつしかわたしの祈りも変わっていった


その方が
お仕事を続けられますように

されたいことが
今日も明日もずっとずっと出来ますように

臥せておられる夜には

明日また復活し
家族のことやお仕事のことが出来ますように、と祈った





一度もお会いしたことはないけれど

確かにわたしはその方に逢った





鮮やかに

確かな痕跡を残しながら

ひどく足早に

次元の階段をかけあがっていかれた方に





○○●○○●○○


その人のお庭に行く

昨日も今日も今まで通り



今までも会わなくても逢えていたから




半分しか言わなくても解って下さった

欠片だけ書いたらそれでよかった




わたしとは真反対

事実をかいて情動が

緊迫を書いて景色が見えた



稀有な霊は
いくつものアニムスを内在させていらっしゃったのだろう






影踏み

もう10年位前


黙想会「メメント・モリ」に参加させてもらっていた

「死」は


すべてを奪い、
この世のあらゆる感情を与え
わたしを創り変えるかのように思ったが



わたしは、わたしのまま、かわらない

それがわかるまで長い月日が流れた



変わったように思ったが
ある部分を喪っただけで

喪わなかったものは
かわらないように感じる



わたしは変わりたいのだろうか

変わりたい、という願望は
生きているから思うことだ

変わりたくない、という願望もまた
生きているから思うことだ




強くなりたいとか優しくなりたいとか
いうことではない







とけない

わたしの中で疼く欠片よ



泣くほどの不安を塗っても

赤熱の痛みを飲んでも消えぬ



もはや自分の一部なのか

自分がこれの一部なのか



眠れぬ夜。境界はとける


ああ…。


生身の痛みが楽だと逃げる



そこには近づくな

それには触れるな









なりたかったもの

とうしん‐だい【等身大】

1 人の身長と同じ大きさであること。

2 誇張も虚飾もない、ありのままの姿
「―の人間ドラマ」「―のヒーロー像」

3 持っている力に見合うこと。
「―の国際交流」「―の取り組み」



バーナード・マラマッドいわく

ヒーローがいなければ、
この世は凡人だらけで、どこまで行けるのか誰もわからなくなる


そして

クライヴ・パーカーいわく

スーパーマンは
現実として受け容れやすい外見を持ってはいるが、
結局のところはエイリアン生命体なのだ






ふーむ。
目指すところを間違えてたかもなあ








悪夢一転、嵐

夢に嵐が出てきて…



大野くんがかわいくて人懐こかった

ニノは面白い子だった



で、城島くんがきたり

山口くんが来たり


まつじゅんと松岡くんが出なかったのはワロタ



最後の方で

白い生まれたての犬を飼うことになった



小松、5時間寝てまだ2時。

もう一眠り



身体、風邪模様。

外、雨

夢、嵐







プロフィール

リセット

Author:リセット
2013年 7月からの新米乳がん患者。

2013.07 告知
2013.08 休職
2013.08 右乳房全摘
2013.09 抗がん剤治療(TC4回)
2013.12 フェマーラ開始
2014.02 職場復帰
2014.07 リンパ浮腫完治を目指しLVAを受ける。
東京大学医学部附属病院にて

それまでの諸々

2011年 椎間板ヘルニア手術から寝たきりに
筋筋膜性疼痛症候群で
加茂整形外科に4ヶ月入院。救われる

2000.07 異型狭心症で終身服薬の身の上に

1995.00 胆石で度々発作で腹腔鏡で胆嚢摘出


たくさんの方に支えられなんとか生きる道模索中

旦那大好き

料理は全く出来ません。掃除も上手くない。
洗濯が好きっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR